努力こそがスキルアップには欠かせない

「今の仕事にはそれなりに満足しているけれども、もう少しスキルがあれば、さらに上を目指したい」というのが昨今の働く人の本心だ。では、どのタイミングで何を行えば良いのだろうか?

まず、自分の中で足りていない部分は何なのかを整理してみることが重要だ。書き出してみると、自分のことが客観的に見ることができるだろう。次にスキルアップにつなげるために、いつ、何を、どんな方法でやると良いかを考えよう。自分でやるのか、スクールに通って目的を達成するのか、必要な費用はどのくらいの金額までかけられるのかなど、具体的な方法を考えるのだ。そして、大まかなアウトラインが決まったら、後は実行あるのみだ。もし、資格取得がスキルアップのための最短距離ならば、それを目標にするとモチベーションの維持につながるだろう。人間の脳は朝、新しいことを記憶しやすいと言われている。それを利用して、資格取得のための勉強を朝行い、仕事から帰宅して、簡単に学習内容を復習してから就寝すると効果が出やすいだろう。しかし、人により方法は様々なので、自分に合った方法でスキルアップを考えるのが一番ベストである。

初めは超えるべき壁が大きく、大変だと思うこともあるだろう。しかし、目の前の壁を超えるのは自分自身なのだ。努力して障害を乗り越えていけば、スキルは身に付き、人間としての成長にもつながるだろう。「自分はこうなりたい」という強い目標を持って、地道な努力を重ねていくことが大事だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です